メニューを閉じる

試験について

革靴製造技能試験

革靴製造技能試験とは

靴の製造技術の継承、若手技術者の技術向上、若手人材の育成等のための取り組み。

革靴製造技能試験とは、『裁断』・『製甲』・『底付』・『仕上』の4つの分野において革靴づくりの技能や知識を認定するものです。革靴製造業界の活性化、若手革靴職人の技術及び意識の向上を目的としています。

試験の詳細

第11回 革靴製造技能試験

試験日

学科試験 2018年3月24日(土)
実技試験 2018年3月24日(土)~ 4月1日(日)の指定する日時

※試験日時は、応募状況により変更となる場合があります。

会場

東京都台東区内の指定する会場。
受験申込書受領後、お送りさせて頂く受験票と併せて学科試験の会場、実技試験の日時並びに会場をお知らせします。

受験資格

1級4〜5年程度の技能レベル

2級1〜2年程度の技能レベル

受付期間&方法

2017年11月6日(月)〜12月15日(金)
2017年10月17日(火)〜11月30日(木)

受験申込書は受付期間中、下記の事務所において受け付けます。

・郵送の場合、受験申込書を折り曲げても問題ありません。(封筒サイズは自由です)

・封筒に「住所」「氏名」並びに「革靴製造技能試験(革靴○○技能○級、婦人または紳士)受験申込書在中」と記載してください。



資料(募集要項・申込書)をご希望の場合は、下記の「資料請求・お問い合わせはこちら」よりお問い合わせください。

受験申込書送り先・問い合わせ先

受付時間:土・日・祝日を除く午前10時〜12時、午後1時〜4時

〒111-0025 東京都台東区東浅草2-17-1 東都靴会館
全日本革靴工業協同組合連合会『技能試験担当』
TEL:03-5603-2135  FAX:03-5603-8678

WEBからのお問い合わせ

試験内容と出題問題について

革靴製造技能試験とは、『裁断』・『製甲』・『底付』・『仕上』の4つの分野において革靴づくりの技能や知識を検定・認定するものです。 革靴製造業界の活性化、若手革靴職人の技術及び意識の向上を目的としています。

受験フロー

1.学科試験

・試験時間60分

・出題方法は「真偽法」と「多岐択一法」の併用(計50問)とします。

2.実技試験

・試験時間60分〜120分(試験種類によって異なります。)

・試験の種類ごとに「婦人」または「紳士」のいずれかを選択してください。 (さらに、革靴底付技能は「手づり」または「機械づり」のいずれかを選択)

【試験免除について】

前回の技能試験で、学科試験あるいは実技試験のどちらか一方の試験の合格点を満たした受験者は前回の「革靴製造技能試験」結果通知書の写しを受験申込書に添付することで、その一方の試験を免除します。 (同じ試験の種類及び等級に限ります。)

合格者データ

受験者数と合格者数

しっかりとした基礎知識・技術が求められる試験となっており、分業が中心となっている革靴業界では、『底付』『製甲』の受験者が受験者全体の中心となっています。

受験者の職種

受験者は受験資格が最低でも1〜2年の技能レベルが求められることから、ほぼ全てが職人(経験者)となっています。

受験者の年齢

受験者は昨年度で見ると20代が最も多く、次いで30代が多くなっており、受験者の年齢層の平均は比較的若い30.3歳となっています。

合格者インタビュー

仲間と出会いを大切にして
諦めないで続けてほしい

猿渡 みゆき

自分のお店を持ちたいと思ったことが靴職人になるきっかけでした。 オーダーの靴と鞄のお店で一緒に仕事をしている職人仲間が資格を持っていたのでみんなで資格を取ってお互いに切磋琢磨していこうというながれで試験を受けさせてもらいました。 試験の際には事前のシミュレーション通りにいかず悔しくて涙が止まりませんでした。それでも合格した時は嬉しかったですし、何より自分の力不足を感じられたり、評価してもらえたことが励みになりました。 どういった環境で働くかにもよりますが若い職人には仲間と出会いを大切にしてやりたい事があれば諦めないで続けてほしい。 信じて続けていけばきっと光が見えてきますよ。

履いてもらう人のことを考えていれば
自分のこだわりはいらない

高橋 恵介

今の会社の社長からの紹介と自分の作っているものを客観的に見てもらえる良い機会だと思って試験を受けようと思いました。1級の試験は、過去に受けた2級の試験よりは難しかったと思いますが、大変さはあまり感じませんでした。良くも悪くも靴作りに没頭できることがこの仕事のやりがいだと思っています。靴を作るなかで理想と現実の違いで自分の思った通りの形にできるまで試行錯誤を繰り返すのは大変だと思います。自分の作った靴を履いてもらう人のことを考えると靴作りにおいて自分のこだわりはいらないと思います。靴作りに関してはずっと考え込んでしまうとなかなか精神的にもきついと思うので楽しんでやれるのが一番良いと思います。

全日本革靴工業協同組合連合会について

全日本革靴工業協同組合連合会は、会員及びその所属員の相互扶助の精神に基づき所属員のために必要な共同事業を行い、もって所属員の自主的な経済活動を促進し、経済的地位の向上を図ることを目的としております。

アルスセミナー開催

アルス国際製靴学校セミナーを開催します。
セミナー概要と受講申込書はこちらをご覧ください。